スタッフ釣行

スタッフ後藤です。

 

火曜日は、陸っぱりで午前中だけフィールドに出向いていました。

 

雨の影響か、増水+水がクリアアップしていて

 

なかなかタフな状況でした。

 

 

いろいろ試しながらフィールドの状況を確認し、感じたことは、

 

水がクリアアップしているので、視覚的要素が強まっていることと、

 

ワームを見つけてくれると意外と口を使ってくれること。

 

これを踏まえて、ロックエリアを【mibro】デスサイズ3.75”の

 

リーダーレスダウンショットで微かなバイトが!!

 

しかし、ミスバイトで撃沈・・・。

 

 

その後、そのロックエリアのクルーザーを取るために専念。

 

視認性を上げるため、ZOOMダイマーカー(チャート)でデスサイズの触角を着色。

 

すると!!

 

 

 

ミドルサイズのクルーザーがバイト!!

 

 

 

 

ちなみに触角の着色→アームの着色→ボディの着色の順で視認性を上げていく予定でした。

 

魚の状況を判断しながら、ワームの形状(動き)・カラー・リグ・使用するウエイトの

 

足し算引き算を意識して釣りをすると、とても面白いですね。今回は、足し算でした。

 

 

 

 

そして、タイムアップ寸前に護岸沿いを【mibro】ワーロックで流していると、

 

護岸の切れ目からミニマムサイズがバイト!!

 

 

 

 

ワーロックは、バルサに近い高浮力で

 

スローに巻いてもレスポンス良く動いてくれます!!

 

引き抵抗が軽いので、巻いていても疲れにくいです。

 

しかも、飛距離が出しづらいとされる固定重心なのに飛距離も抜群出せて

 

陸っぱりにもオススメなフラットサイドクランクです!!

 

 

 

 

また近々フィールドに出向きたいと思います!!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL