ダイマーカーの有効性

スタッフ後藤です。

 

以前、ワームをZOOMダイマーカーで着色するのをご紹介しましたが、

 

それを用いて、今回は、私がラバージグのトレーラーとしてワームを使用する時に

 

ヤってることを1つご紹介します。

 

 

前回ご紹介した『ワームのテールやアームを着色してアピール力を上げたり、

 

バイトマーカーとして利用する。』の応用です。

 

 

 

 

ワームのチョイスは、バルキーなワームよりも比較的スリムボディのワームをチョイスします。

 

今回は、【Gary Yamamoto】サイコダッドをチョイス。

 

カラーは、本来ならば地味な色をチョイスしますが、

 

カラーの変化が分かりやすいジュンバグで説明します。

 

 

 

 

ZOOMダイマーカーで着色する部分は、ワームのボディで

 

ラバージグにセットした時に隠れる部分のみ着色します。

 

 

 

 

ラバージグは、着底した時にラバーがフレアしやすい系のジグで

 

比較的ラバーが多いものをチョイス。そして、セットアップ。

 

 

 

 

バルキーなワームだとセットアップした時にラバースカートからはみ出してしまい、

 

スカートの中が見えてしまうので、NG。

 

だからラバースカートから見えにくい比較的スリムなワームをチョイスするのです。

 

ラバージグもフォール中にしっかりスカートの中身を隠してくれるように

 

ラバーの多いタイプをチョイスするのです。

 

 

 

 

こうすることで着底時にラバージグのスカートがフレアすると

 

スカートの中身(チャート)が露わになり、

 

スイミング時やジグを跳ねさせた時は、フレアしていたスカートが閉じて

 

中身(チャート)が見えなくなる。また着底時は、スカートの中身(チャート)が

 

露わになるという明滅効果が生まれます。

 

人間で例えると、町中で女性のフリルスカートが不意に風でフワッと靡いたら、

 

気になりますよね。(男あるあるですね。笑)

 

そして気になったチャートの部分は、フックがあるので良いバイトマーカーになります!!

 

こういったチラリズムがバスにも効果的な場面があるので、

 

皆さんも参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ZOOMダイマーカーは、もう少し在庫があるので、気になる方は、

 

お早めにご来店下さいね!!

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL